好みの黒を選んで使う。6種類のブラックインクボールペン|SAKURA・Ballsign ID(ボールサインID)

SAKURA Ballsign ID の特徴

ボールペンの定番カラーは黒ですが、その黒インクにも色々な種類が存在します。今回紹介するSAKURAのBallsign ID (ボールサインID)は6種類の黒から選んで使えるボールペン。

手帳やノートには、ただの黒より他の色が混ざった特殊の黒を使うと、少しおしゃれな感じになって、使うのが楽しくなります。

これまで、個人的はブルーブラックを使うことが多かったのですが、Ballsign IDを購入してからは、その日の気分で色を選んで使っています。

ボールサインIDの特徴は次の通り。詳しくは下記に書いてあるので、目次を参考に読み進めていただけたら嬉しいです。

  • 6種類のブラックインクから選べる
  • シックなボディカラー&デザイン
  • 2種類の芯径(0.4mm、0.5mm)
  • 手になじむグリップ形状

6種類のブラックインクから選べる

SAKURA Ballsign ID のボディ全体イメージ

Ballsign ID は6種類の黒インクがラインアップされている。どの黒も少し大人っぽくて格好良く、手帳やノートで使うのにぴったりのカラー。

色のラインアップは次の通り。

  • ピュアブラック(ブラック)
  • カシスブラック(レッドブラック)
  • ミステリアスブラック(パープルブラック)
  • ナイトブラック(ブルーブラック)
  • モカブラック(ブラウンブラック)

基本的は黒だけれど、ほんのりレッドやグリーンが混ざりあった本当に素敵な色合いのカラーラインアップになっています。

シックなボディカラー&デザイン

SAKURA Ballsign ID のノック部分イメージ

ボディカラーもシックでおしゃれ。写真は0.5mm径のボディで、濃いグレーがとても格好良く、金属製のクリップとよく馴染んでいます。

0.4mm径のボディは薄いグレーを採用。写真はないけれど、こちらは少し明るいイメージで、同じくとても良いデザインです。

公式サイトが詳しいので、ぜひ一度のぞいてみてください。

SAKURA Ballsign ID のクリップ部分イメージ

ボディのノック部分あたりにはBallsign IDの刻印があります。さりげなく掘ってあるとことろがおしゃれだなぁ。

2種類の芯径(0.4mm、0.5mm)

SAKURA Ballsign ID のペン先イメージ

デザインのところでも書いたけれど、ボールペンの芯径は2種類。0.4mmと0.5mmがあり、それぞれボディカラーが違います。

少し細かい文字を書くのならば0.4mmが良いと思いますが、スルッとした書き心地は0.5mmの方が良いと感じます。

アイデア出しとかは、すべりが良いほうが気持ちいいので、個人的には0.5mmを楽しく愛用しています。ボディカラーの好みで選ぶのもありかも。

手になじむグリップ形状

SAKURA Ballsign ID のグリップの形状イメージ

Ballsign ID は軸の形状が少し特殊。上から見てみるとわかりやすいですが、円の上下を平らに切りとったような形になっています。

この形状はどうかな?と思ったのですが、人差し指が平らな部分にフィットして、無理なく力を入れて書きやすかったです。

Ballsign ID で手帳・ノートを楽しもう

SAKURA Ballsign ID の特徴

Ballsign ID は書き心地も良く、何よりも好みの風合いのブラックインクを使うことができるので、手帳やノートと一緒に使うと楽しい1本です。

個人的にはバレットジャーナルのデイリーログで活用中。全色揃えても1,000円ちょっとなので、ぜひ一度手にとってみてください。

そうそう、バレットジャーナル ?と思った方は、こちらの本がおすすめ。バレットジャーナル開発者が書いた、シンプルで本質的なバレットジャーナルの本です。

著:ライダー・キャロル, 翻訳:栗木さつき
¥1,760 (2022/09/21 15:43時点 | Amazon調べ)

手帳用アイテムと手帳術を発信中

自作手帳デジタル手書き手帳(デジタルプランナー)を作るなら、当サイトTECHOICEの手帳リフィルテンプレートがおすすめ。

シンプルデザインが特徴なので、好みにカスタマイズがしやすく、種類も豊富なので、ぜひご活用ください。

※ニュースレター配信サービスtheLetterに移動します
※いつでも購読解除できます。